2009年01月28日

第44代アメリカ大統領、オバマ氏の2009年は幸運の年



バラク・オバマ(Barack Obama)第44代米国大統領について、インドネシアの数秘術師が「44」という数字は吉兆のしるしだと占った。中華文化圏のうち北京語を使う地域では「4」は「死」と同音で、不吉な数字とされているが、中国の数霊術に従えば、「44」の4と4を足すと8になり、「8」は幸運の数字、とベテランの風水師であり、数秘術師でもある、ウディン氏は言う。

ウディン氏は年齢などの点でも、オバマ大統領の2009年は幸運に恵まれる年になると予言する。「彼は47歳で、数霊術では、49歳までに何か大きな仕事をするのに良い時期とされる。こうした指導者を持った米国にとっても幸運だと言える」。ただ、中国の暦では2009年は「丑(うし)年」で、1961年生まれのオバマ氏も丑年だ。そして丑年生まれは「働き者で頑固」だとされる。そのためウディン氏は「オバマ氏は国家を救うために、懸命に努力する必要がある。時には批評家たちによる政策批判を無視すべきだろう」と言う。



オバマ一家の仮住まい高級ホテルは「幽霊伝説」付き
インド占星術で占う2007年の動向
ミャンマー軍政、伝統や占星術も政策決定要因
英情報機関 占星術でヒトラーの行動予測
英情報機関の占星術師、大戦中に昭和天皇を占う
posted by no name neko at 00:00| 占いニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。