2009年05月31日

大損のギャンブラー「風水のせい」とカジノに訴訟の構え



ラスベガスのカジノで、200万ドル(約1億9000万円)の大損をした台湾の男性が、占いの一種「風水」の気を悪くされたことで自分の運が奪われたとして、同カジノに損害賠償を起こそうとしている。

30日付けの台湾紙・蘋果日報(Apple Daily)によると、この男性は08年4月、ラスベガスのカジノ「ベネチアン・リゾート・ホテル・カジノ(Venetian Resort Hotel Casino)」の最上級のスイートルームに滞在したが、その際、ホテル側がスイートルームの壁に1メートル四方の穴を開けており、それを黒い布で隠していたのが「風水的に」問題だったと主張。また、ホテル側がこの男性の了解なしに、スイートルームの前に2枚の白いタオルを掛けていたこと、この部屋に向かい合う大きなファン2台をまわしたことも、風水に影響したと訴えている。

男性は「中国人は、黒と白の布は家族が死んだときにしか部屋に掛けない。普通の人にとってもタブーなのだから、ギャンブラーにとってはなおさらだ」、「滞在中にこうした配置を発見して以降、それまで40万ドル(約3800万円)の勝ちだった賭けが、一気に200万ドルのマイナスに負け込んだ」と述べている。

男性の訴えに対し、カジノ側は、現金で10万ドル(約950万円)の返金と、同額のカジノ用チップの贈呈には応じると約束したが、その理由については明らかにしていない。

続きを読む
タグ:風水
posted by no name neko at 00:00| 占いニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月01日

フィリップ・リム「占いは、ただ楽しむもの」



ニューヨーク市内で3月30日、デザイナーのフィリップ・リム(Phillip Lim)を特集した「ミー・マガジン(ME MAGAZINE)」16号記念したパーティが開催された。「全部僕なんだ」とリムが笑いながら話すように、表紙はもちろん、リムの友人や同僚へのQ&Aなど、一冊丸ごとリムに関する内容に仕上がっている。

会場には、サプライズとして手相師やタロットカード占い師、星占い師を呼び、ゲストたちの将来を占なった。占いを信じるのかとの問いに「僕は、占いをただ楽しむものだと思っているんだ。考えていることを当てられると、信じてしまいそうになるけどね」とリム。しかし、占い師ではなくとも、会場に集まった友人やファンを見れば、リムの未来は明るいと予言しても間違いはなさそうだ。

*   *   *   *   *

真に、その通りであるかと思う。「占い」と一言で言っても、色々あるが、現代で言う「占い」の大部分は、深刻な悩みや国家の方針に対して助言するようなものではなく、エンターテイメント性を重視している。そこから考えるならば、何か不安を感じさせるものがあったとしても、悩むだけ無駄。楽しまねば損である。
タグ:占い
posted by no name neko at 00:00| 占いニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月28日

第44代アメリカ大統領、オバマ氏の2009年は幸運の年



バラク・オバマ(Barack Obama)第44代米国大統領について、インドネシアの数秘術師が「44」という数字は吉兆のしるしだと占った。中華文化圏のうち北京語を使う地域では「4」は「死」と同音で、不吉な数字とされているが、中国の数霊術に従えば、「44」の4と4を足すと8になり、「8」は幸運の数字、とベテランの風水師であり、数秘術師でもある、ウディン氏は言う。

ウディン氏は年齢などの点でも、オバマ大統領の2009年は幸運に恵まれる年になると予言する。「彼は47歳で、数霊術では、49歳までに何か大きな仕事をするのに良い時期とされる。こうした指導者を持った米国にとっても幸運だと言える」。ただ、中国の暦では2009年は「丑(うし)年」で、1961年生まれのオバマ氏も丑年だ。そして丑年生まれは「働き者で頑固」だとされる。そのためウディン氏は「オバマ氏は国家を救うために、懸命に努力する必要がある。時には批評家たちによる政策批判を無視すべきだろう」と言う。



オバマ一家の仮住まい高級ホテルは「幽霊伝説」付き
インド占星術で占う2007年の動向
ミャンマー軍政、伝統や占星術も政策決定要因
英情報機関 占星術でヒトラーの行動予測
英情報機関の占星術師、大戦中に昭和天皇を占う
posted by no name neko at 00:00| 占いニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月18日

米占い「今年は平穏」日田市の大原八幡宮

あずき飯に付いたかびの具合で農作物の出来や災害の有無を占う「米占い」(かゆ試し)が15日、日田市田島の大原八幡宮であった。凶作や災害を示す兆候はなく、氏子たちは「今年は平穏」と表情を緩めた。

五穀(米、麦、ヒエ、アワ、豆)の札を付けた「五穀盆」と、日田盆地を流れる16河川の札を付けた「地形盆」の2つで占う。2月15日に本殿内に供えた盆はいずれも、1カ月であずき飯が見えなくなるほど白かびが生えたが、凶作や洪水を表す黒、青のかびは見当たらなかった。

米占いは鎌倉時代から続くとされ、国から「記録作成等の措置を講ずべき無形民俗文化財」に指定されている。田畑や川の状況を見続けている地域の氏子や古老が寄り集まって、かびを分析する習わし。
タグ:占い 神社
posted by no name neko at 00:00| 占いニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月10日

農作物占い「今年は大豆、イモ、柿の出来よし」

岐阜市伊奈波通の伊奈波神社で「花の撓(とう)大祭」が開かれ、1月に同神社で行われた「筒粥(つつがゆ)神事」での農作物の占いの結果が披露された。

同大祭は毎年旧暦の正月みそかに開催。筒粥神事は米や小豆、竹筒を釜で炊き上げて占う伝統行事。

大祭では、五穀豊穣(ほうじょう)と養蚕安泰を祈願。農作業や養蚕の様子を表した人形で占いの結果が披露され、大豆やイモ、柿の出来が良くなると出た。参拝に訪れた県内の農業関係者ら約100人は、結果をメモなどしながら見入っていた。
posted by no name neko at 00:00| 占いニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。